メタボリックシンドローム最新の記事

メタボリックにならないために

メタボリックにならないために日ごろどんなことに気をつけて生活すれば良いのでしょうか。メタボリックは内臓に脂肪が滞り肥満状態になっていることを言いますが、これは日ごろの生活習慣の乱れが招いている結果だと言われています。

メタボリックにならないために、つまり内臓脂肪型肥満にならないためには日ごろの生活習慣を見直す必要があります。内臓脂肪は嬉しいことに、落としやすい脂肪なので心がけ一つでメタボリックの解消に近づくことが出来ます。

多くのメタボリックの人がそうであるように、きっと無意識のうちに食べ過ぎていたり、運動する機会があまりないなど、内臓脂肪を溜める生活を送っていたのではないでしょうか。メタボリックになっている人、なってしまいそうな人は、食生活と運動習慣を身につけなければなりませんが、運動に関しては厚生労働省が「健康づくりのための運動指針2006」という1週間のエクササイズの目安をもうけています。

さらに、メタボリックシンドロームに関心がある人のために「内臓脂肪減少シート」というシートを使ってその人に合った内臓脂肪減少プログラムを作ることが出来ます。早くメタボリックから解消されたいと願う人には「急いでがんばるコース」、じっくりと内臓脂肪を落としたい人には「確実にじっくりコース」が設けられています。

メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気は、生活習慣病と言われ、TVや雑誌などで頻繁に取り上げられています。
カテゴリー
更新履歴
メタボリックにならないために(2009年7月22日)
メタボリックと危険因子(2009年7月22日)
メタボリックかなと思ったら(2009年7月22日)
メタボリックシンドロームとは(2009年7月22日)